ラスベガスのカジノで大儲けした時の税金

ラスベガスのカジノで大儲けした時の税金について説明します。

日本とアメリカには租税協定が存在します。税金に関する国をまたぐ処理に関する約束事です。

日本に居住する人は、日本で税金を支払う義務があるのでアメリカで納税する必要はありません。ラスベガスでの所得は30%が税金になります。

この30%は日本で支払うべきお金であって、アメリカで支払う必要はありません。実際カジノによっては、まだ、30%の天引きをしているところもあるようです。30%の税金を天引きされた場合は、上記したように本来は支払う必要の無い税金なので、アメリカ政府に対して後日に還付手続きをすることで、取り戻すことが出来ます。

アイティン(ITIN)ナンバーという番号を持っていれば、アメリカに税金を払う必要はないが、ラスベガスで勝って帰国する場合はカジノが発行する証明書をもらう必要があります。これがアメリカの出国の時に現金の源泉証明となります。これが日本の税務当局に送られます。